日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~第5話「このマ○コ気持ち良すぎる!」姉の交尾を眺めながら従姉の口で

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~の5話を紹介していきます

 

 

大人気になっているチンジャオ娘先生日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

今回は、第5話のネタバレとあらすじ、そして読んだ感想をお伝えしていきます。

 

 

エッチの練習ごっこの影響で興奮して眠れない夜を過ごす二組の従姉弟たち。

しかし愛美の口にした夜這いの話をきっかけにタケルの理性が崩壊してしまったみたいです。

涼音の布団にもぐりこんで無理やりパンツを下ろしてしまう彼。

露わになった彼女のアソコに向かっていくのは……

 

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~の無料試し読みはこちら

▽   ▽   ▽

クリック!



我慢はイケませんよ~(*‘ω‘ *)

 

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~第4話「ウチたちも…しよ?」姉を捧げた代わりに抱く従姉弟の身体

 

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~5話を一気にネタバレ!

 

涼音の膣肉の柔らかさにハマり込んでしまい、亀頭が膣肉を掻き分けて、彼女の柔らかい子宮へと捻じ込んでいく淫らな快感はタケルの性欲をさらに刺激してしまい、彼女の子宮は射精を待ちわびるかの様に淫らにうねりを挙げていました。

 

気持ち良いと、タケルの高揚する性欲は激しく昂りだしてしまい、腰の動きは一突きする度に激しくなっていき、種付けをする発情した小動物の様に、彼の腰は揺さぶりを止めません。

 

涼音もいつもの雰囲気などは無く、赤く高揚した頬を淫らに染め上げ、亀頭を打ち込まれていく子宮の快感に酔いしれていました。

 

精液を注いでほしいと、密かに願い、膣肉の締め付けがきつくなる涼音の蠢きに、タケルの性欲は刺激され、二人は互いを求め合い、淫らに悶えていました。

 

涼音とタケルの卑猥で淫乱な種付けセックスを見ていたヒロトの硬くなったちんぽを愛美は舌先で優しく舐め回し、ムクムクと膨れてしまうチンポの熱を冷ます様に、淫らに唾液に包み込み、ヒロトの性欲を満たそうとしてくれています。

 

でもヒロトの意識は涼音とタケルに向いており、タケルに犯されて種付けされてしまう涼音の凌辱を見て興奮していると、愛美は、そんな淫らな気持ちに包まれていたヒロトに、何かを企んだ笑みを浮かべてしまいます。

 

もっと激しく精液を求め合うセックスを楽しめると、牝の欲情を浮かせていた愛美。

 

そんな笑みをヒロトは知る由もありません……

 

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~5話のあらすじ

 

それぞれの初夜となってしまった夜の後……

 

ヒロトは愛美の身体を求めてセックスをしてしまい、涼音もタケルの精液を欲してしまい、もはや仲良しだった従姉弟ではなく、発情してしまい、種付けを求め合う男女として淫らな感情に支配されていました。

 

もはや裸を見られてしまうと、そんなささやかな恥ずかしさなどは無くなってしまい、見られてしまう戸惑いもなく、逆に見られてしまう事に感じてしまう、セックスに酔いしれていた4人。

 

互いの初めてを求めて、捧げて、奪い、快楽を満たした4人は、尽きることの無い性欲を沸かせながら、精液を貪る卑猥な時間を過ごしていたのです。

 

家族が近所の散策に誘うも、4人は留守番を申し出て、邪魔の居ない時間を作り上げてしまいます。

 

大人のいない微かな時間に、発情した気持ちを満たしてくれるセックスを求めてしまい、射精と受精の快楽を身に沁み込ませてしまった4人は、快楽を激しく貪りたく発情を抑えられなかったのです。

 

涼音の子宮に精液を注ぎ込みたいと、発情したタケルは縁側にも関わらず、涼音の愛らしく興奮させてしまう美尻を掴み込み、タケルの勃起チンポの挿入を待ちわびて濡れた淫乱な膣口に、熱く膨れた亀頭を捻じ込み、腰を動かしてしまうタケルは、涼音とのセックスに溺れてしまいます……

 

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~5話を読んでみた感想

 

童貞と処女の合同卒業式な夜となってしまった、初めての夜を終えた4人達……

 

でもそんな夜を終えても、発情した気持ちは抑えきれず、親のいない合間に種付けセックスを楽しんでしまう、いけない遊びにハマり込んでしまう、そんな彼等、彼女等の乱交セックスな日常回となる第5話。

 

タケルと涼音の二人は、すっかりとセックスの味にハマってしまい、一応に冷静にしながらも、射精を期待している涼音に、無理矢理に勃起チンポを捻じ込んでしまうタケルと、二人の性欲は、もはや歯止めが利かない状態になっています。

 

親がどこかに行こうかと誘いを掛けるも、留守番をしていると言い、家族のいない、大人の居ない時間でセックスを楽しむと、いけない遊びを覚えてしまった四人は、もはや発情期を迎えた牝と雄と成り果てています。

 

涼音のキツキツな膣肉の締め付けと、柔らかい子宮の吸い込みの虜になったタケルは、彼女とのセックスにすっかりと夢中で、涼音も快感をが任す様に冷静を装うも、おチンポに勝てる様子は無しと、射精に沈んでしまう二人の淫乱さが今回の注目となります。

 

セックスを覚えてしまい、もはやセックス以外の事はしたくないと、発情を抑えられない二人の種付けを間近に見ていたヒロトに、何やら異変が生じていると、愛美が敏感に感じ、また何かを企んでいる御様子。

 

さらなるエロ展開に期待できる、そんな内容の第5話です。

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~の無料試し読みは、BookLive!コミックで!

▽   ▽   ▽

クリック!



我慢はアソコに悪いですよ~(*´▽`*)

 

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~第6話「まるで動物みたい」田舎の自然の中でセックスに耽る少年少女はこちら

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~チンジャオ娘の漫画をネタバレはこちら